消費者金融は本当に審査が甘いのか | おすすめの借入先を徹底紹介

消費者金融は本当に審査が甘いのか | おすすめの借入先を徹底紹介

「銀行の審査に落ちた」「急遽、お金が必要になった」

そのような今すぐお金を借りたいとき、消費者金融はとても頼もしい存在です。

消費者金融は銀行よりも審査に甘いといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか。

今回の記事では、消費者金融は本当に審査が甘いのかを踏まえて、即日融資可能などのサービスを提供しているおすすめの借入先を徹底紹介します。

それぞれの消費者金融には審査基準やサービス内容に特徴があるため、消費者金融を選ぶ際の参考にしてください。

目次

大手消費者金融 | 10人に3~4人は審査通過で即日融資可能

大手消費者金融 | 10人に3~4人は審査通過で即日融資可能

銀行に融資を受けると金利は低いですが、どうしても審査に時間がかかります。

さらに審査に時間がかかるだけでなく、審査基準も厳しく設定されています。

大手消費者金融は金利が少し高いというデメリットを除けば、審査には平均10人に3~4人通過し、融資もスピーディーに受け取れることが可能です。

他にも資金力がある大手消費者金融は、初めてキャッシングする人でも申し込みやすいという特徴があります。

他にも短時間で審査結果が分かる・即日融資可能・利息0円キャンペーンがあるなど、消費者金融会社によってはメリットも。

これらは資金力のある大手消費者金融であるがゆえの特典であるため、賢く利用しましょう。

大手消費者金融の安全性においては、金融庁の登録貸金業者であるため、ヤミ金のような違法に高利息で貸し付けられることや厳しい取り立てはなく、安心して利用できます。

では大手消費者金融について、金融会社ごとに審査通過率と特徴をみていきましょう。

アコム | 審査通過率NO.1!最短30分で審査可能!即日振り込みも

参照元:アコム公式ホームページ

アコムは、他の大手消費者金融よりも審査通過率が高いと評判です。

アコムの企業情報サイトによると、2022年前半の審査通過率(新規貸付率)は約42%と情報公開されていました。

つまり10人に4人が、審査に通過していることになります。

「6人も審査に落ちているではないか」と思う人もいるでしょうが、これは最初から利用条件から外れているのに、審査を受けた人の数も含まれています。(例えば、未成年や安定した収入がない人は利用条件から外されます。)

そのように考えると10人に4人というのは、悪い数字ではありません。

アコムの公式ホームページによると「高校生を除いて年齢が18歳から69歳まで」「安定した収入がある人」が申し込み条件とされています。

他にもアコムは、下記のような特徴があります。 

  • 最短30分で審査回答。即日振込も可能。
  • はじめて利用する人は、契約日より30日間金利が0円
  • 金利は3.0%~18.0%
  • 利用限度額は最大800万円
  • ネットやATMから24時間借入&返済可能

審査の時間もかからず、即日振込が可能なため、すぐに融資を受けたい人にとっては良い条件です。

審査通過率も高いことから、一度審査に申し込む価値はあります。

レイクALSA | 審査通過率が上がってきている!はじめてなら60日間無利息

参照元:レイクALSA公式ホームページ

レイクALSAは最短15秒で審査結果が出て、21時(日曜日は18時)までに契約完了すると、最短60分で融資可能という驚くべきスピード感が魅力的です。 

新生銀行グループの決算・ビジネスハイライトによると2021年4~6月の審査通過率(新規貸付率)は、36.0%と情報公開されていました。

レイクALSAの公式ホームページによると「満20歳~70歳の人」「安定した収入がある人」が申し込み条件とされています。

 満20歳未満は審査対象外であることから、少し審査に厳しいように感じますが、最近の審査通過率は上がっている傾向にあります。 

年月審査通過率
2020年1月~3月30.6%
2020年4月~6月33.2%
2020年7月~9月33.3%
2020年10月~12月33.1%
2021年1月~3月33.8%
2021年4月~6月36.0%

参照元:新生銀行グループの決算・ビジネスハイライト

この表からも分かるように、2021年になってから大幅に審査通過率が上がっています。

理由までは公開されていませんが、考えられる可能性としては審査基準の見直しがあったのかもしれません。

いずれにしても以前より審査の通過率が上がったことには間違いないため、審査を受けてみる価値はあります。

他にもレイクALSAは、下記のような特徴があります。

  • はじめて利用する人は、契約日より60日間金利が0円
  • 金利は4.5%~18.0%
  • 利用限度額は最大500万円
  • 当日中にセブン銀行のATMで借り入れ可能。アプリでカードレス可能

早くお金が借りられて60日間金利が0円という点から、「急遽お金が必要になったけど、すぐに返済できる」という人におすすめです。

プロミス | 急いでいる人必見!Webで簡単申し込み

参照元:プロミス公式ホームページ

プロミスはWeb申し込みであれば来店不要で、さらに最短60分で融資が受け取れるため、急いでいる人におすすめです。

 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の月次データによると2022年3月の審査通過率(新規貸付率)は、37.6%と情報公開されていました。

他の消費者金融に比べても、悪い数字ではありません。

プロミスの公式ホームページによると「年齢が18歳から69歳まで」「安定した収入がある人」が申し込み条件とされています。

他にもプロミスは、下記のような特徴があります。

  • はじめて利用する人は、契約日より30日間金利が0円
  • 金利は4.5%~17.8%
  • 利用限度額は最大500万円
  • 原則24時間振り込み可能
  • 50万円以下ならの借り入れであれば、本人確認書類のみで可能

プロミスは審通過率が高いわりに、利便性がよい点が人気の理由といえます。

アイフル | 他社で借入れがあっても審査に通りやすい◎

参照元:アイフル公式ホームページ

アイフルは大手消費者金融の中で最も早い、最短25分という驚異的な早さで融資を受けられます。(Webで申し込みの場合のみ)

アイフルの月次データによると、21年度の審査通過率(新規貸付率)は、32.9%でした。

数字だけ見ると、審査に通りにくいように感じるでしょう。

しかしアイフルは、他の大手消費者金融と大きく違う点があります。

それは、大手消費者金融で唯一の独立系企業であること。

アコムやレイクなどは銀行傘下の消費者金融ですが、アコムは銀行傘下ではありません。

独立企業であることで、独自の審査基準を設けて貸付を決定していることから、他社で借り入れがある人も前向きに融資をおこなってくれます。

最短25分で融資が受けられる理由も、独立系企業であるからでしょう。

アイフルの公式ホームページによると「満20歳~69歳の人」「安定した収入がある人」が申し込み条件とされています。

他にもアイフルは、下記のような特徴があります。

  • はじめて利用する人は、契約日より30日間金利が0円
  • 金利は3.0%~18.0%
  • 利用限度額は最大800万円
  • Webで完結!郵送物も一切なしだから、誰にも知られない。

アイフルは他社での借り入れがある人と、より迅速な対応を受けたい人におすすめの消費者金融です。

SMBCモビット | 審査通過率は未公開!Tポイントが貯まって、返済にも使える

参照元:SMBCモビット公式ホームページ

SMBCモビットの審査通過率は、公表されていません。

しかしSMBCモビットは、プロミスと同じSMBCグループ会社です。

そのため審査基準は、プロミスと大きく変わらないと予測されます。

SMBCモビットは公式ホームページで、「10秒簡易審査」というサービスを提供しています。

融資可能かすぐに分かるため、一度試してみるとよいでしょう。

SMBCモビットの公式ホームページによると「満20歳~69歳の人」「安定した収入がある人」が申し込み条件とされています。

他にもSMBCモビットは、下記のような特徴があります。

  • 金利は3.0%~18.0%
  • 利用限度額は最大800万円
  • WEB完結申込みで、郵送物も一切なし。
  • Tポイントが返済で貯まる

特徴はTポイントが返済で貯まるだけでなく、返済に使うこともできるため、賢く使うとおトクに利用できます。

中小消費者金融 | 即日融資可能

これまで紹介してきた「アコム」や「レイク」など大手以外の消費者金融は、「中小消費者金融」と呼ばれています。

大手消費者金融の審査に落ちた人の受け皿として、世間ではなんとなく認識されていますが、本当に審査は甘いのでしょうか。

結論からいうと、決して審査が甘いという訳ではありません。

中小消費者金融であっても、「貸金業法」という法律の上で営業しているからです。

ただ大手消費者金融よりも審査が甘いというよりかは、柔軟に対応してくれる傾向はあるようです。

考えられる理由として、中小消費者金融は大手消費者金融よりも小規模なため、ある程度柔軟な対応をして融資をしないと経営が成り立たないからです。

もし大手消費者金融の審査に落ちた場合も、中小消費者金融の審査に申し込んでみる価値はあるといえます。

最近では中小消費者金融でも即日融資が受けられる場合が多いため、すぐに利用したい人は次の内容をぜひ参考にしてみてください。

いつも | 即日融資可能!はじめてなら60日間金利が0円

参照元:いつも公式ホームページ

「いつも」は高知県高知市に本社がある中小消費者金融です。

審査通過率は公表されていませんが、ホームページでは申し込み条件として、「年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある人」とされていました。

他にも「いつも」は、下記のような特徴があります。

  • 金利は4.8%~18.0%
  • 利用限度額は最大500万円
  • はじめて利用する人は、契約日より60日間金利が0円(※60 万円以上のご契約をされた人のみ)
  • 女性専用ダイヤルがある

この条件だと大手消費者金融と同じであることから、電話で確認してみました。

こちらの質問としては「安定した収入という点で、今は無職ですがキャッシングは可能ですか?」という問いをしました。

すると「今は無職であっても、再就職が決まっていたりするのであればご相談ください」という回答でした。

「いつも」は、はじめから無理だと判断せず、相談すると多少の融通が利くように感じます。

セントラル | 即日融資可能!はじめてなら30日間金利が0円

参照元:セントラル公式ホームページ

「セントラル」は昭和48年に創業した老舗中小消費者金融です。

審査通過率は公表されていませんが、ホームページをみると、申込みができる条件として「20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人」とされていました。

 他にもセントラルは、下記のような特徴があります。

  • 金利は4.8%~18.0%
  • 利用限度額は最大300万円
  • はじめて利用する人は、契約日より30日間金利が0円
  • 平日14時までの申し込みで、即日借入可能

セントラルは総合金融業をおこなっているため、審査に関しては柔軟な対応をしている傾向にあるようです。

フタバ | 年齢の審査基準は甘い!平日16時までの申し込みで即日融資も

参照元:フタバ公式ホームページ

「フタバ」は、少額借り入れに特化した中小消費者金融です。

審査通過率は公表されていませんが、ホームページをみると、申込みができる条件として「20歳以上73歳以下の安定した収入と返済能力を有する人」とされていました。。

  他にもフタバは、下記のような特徴があります。

  • 金利は、《1~10万円未満》14.959%~19.945%《10~50万円》14.959%~17.950%
  • 利用限度額は最大50万円
  • はじめて利用する人は、契約日より30日間金利が0円
  • 平日16時までの申し込みで、即日借入可能

65歳以上歓迎と宣伝していることから、年齢での審査は甘いという傾向にあるようです。

審査基準は公開されていませんが、最高50万円までの少額借り入れであることから、借入先のリスクが低く、審査はゆるめの可能性があります。

審査が通りやすい4つの条件

審査が通りやすい4つの条件

金融会社によって設けられている条件は多少異なりますが、一般的に下記のような条件をクリアしていると審査に通るといわれています。

  • 安定した収入が得られる雇用形態であること
  • 勤続年数が長い
  • 年収の3分の1を超える他社から借り入れがないこと
  • できる限り他社で借り入れがないこと

では1つずつ、くわしく見ていきましょう。

 安定した収入が得られる雇用形態であること

まず安定した収入とは、継続的に収入を得ていることを指します。

この継続的な収入には、アルバイトやパートも含まれますが、無職はもちろん株や投資で得た収入は含まれません。

年金や生活保護は「国からの給付」と判断されて、安定した収入とは認められません。

雇用形態でいうと、正社員・公務員は審査に通りやすいでしょう。

正社員・公務員は月々安定した収入が見込めるだけでなく、ボーナスなども見込めるため、最も返済能力があると認められる雇用形態です。

派遣や契約社員やアルバイトやパートも月々収入がある場合でも、翌月はどうなるかわからないという点において、やや安定性に劣ります。

個人事業主は、さらに安定していると評価されにくい雇用形態ですが、収入の安定性を証明することができれば問題ありません。

専業主婦や無職の人は、審査に最も通りにくいといわれています。 

勤続年数が長い

勤続年数が長い

必ずしも勤続年数が短いと審査が通らないというわけではありませんが、「勤続年数が長い=これからも安定した収入が見込まれる」と信用度が高いと判断され、審査に有利になります。

それとは反対に「新卒で、最近入社したばかり」「再就職して間もない」という人は、信用への判断材料が少ない分、不利であるといわれています。

年収の3分の1を超える他社から借り入れがないこと

総量規制により借り入れ額は、年収の3分の1が上限と決められています。

これは消費者金融であれば必ず守らないといけないルールです。

総量規制では、返済能力を超える貸付けを防ぐため「個人が借り入れをする際、その金額は年収の3分の1以内でなければならない」と貸金業法で定められています。

つまり年収が300万円ということであれば、借り入れ可能金額は100万円までということになります。

すでに他社で、借り入れ可能金額を満額近く借りている場合、審査に通ることは難しいでしょう。

 できる限り他社で借り入れがないこと

前で述べたように「総量規制」の範囲内であれば、他社に借り入れがあっても問題ないですが、他社で借り入れしている件数が多いと信用性が劣って審査に通りにくくなります。

理由としては借金を返済するために、別の消費者金融から借り入れを繰り返して「自転車操業」のような状態であると判断されてしまうからです。

もし審査が通ったとしても、融資可能な金額は少ないとみておきましょう。

審査に通過するための4つのコツ

審査に通過するための4つのコツ

審査に通りたいからといって、雇用形態を変えたり、他社から借りているお金を一括で返済することは現実的ではありません。

これから解説することは、今の状態でも比較的実践しやすい「審査に通過するためのコツ」です。

コツさえおさえておけば、融資を受け取れる可能性が少し上がります。

  • 短期間にたくさん申し込みをしない
  • 借り入れ希望金額を10万円前後にしておく
  • 正確な情報を申告する
  • 返済実績をつくる

では1つずつ、くわしく見ていきましょう。

短期間にたくさん申し込みをしない

よくあることとして「すぐに融資を受けたいが、審査に通るか不安だ」と感じ、短期間にたくさんの消費者金融に審査を申し込んでしまう場合があります。

しかしこれは、逆効果になるため要注意。

あらゆるところでの短期間の申し込みは「多重申し込み」と判断されてしまい、消費者金融に「相当お金に困っている人」とマイナスな印象を与えてしまいます。

消費者金融が一番避けたいことは、自己破産されることです。

このような「多重申し込み」は、いろいろなところから借り入れをした後に計画的に自己破産するのではないかと警戒されてしまいます。

焦っていろいろな消費者金融に申し込む気持ちはあるでしょうが、各社審査にそこまで時間もかからないため、とりあえず一社ずつ申し込むようにしましょう。

借り入れ希望金額を10万円前後にしておく

借り入れ希望金額を10万円前後にしておく

借り入れ金額が高額になるほど、審査は厳しくなる傾向があります。

安定した収入の額が少ない場合も、10万前後の融資金額であると比較的審査に通りやすいでしょう。

消費者金融側もできる限りリスクは避けたいため、無理のない金額であれば、審査が通るチャンスは大きくなります。

正確な情報を申告する

少しでも審査を通るように虚偽の申告をしたとしても、結果的に必ずバレてしまいます

本人確認書類だけでなく、在籍確認でも虚偽かどうかは分かりますし、信用情報ではこれまで記録が登録されているため、すぐに虚偽が発覚します。

故意でなくても同様で、このような虚偽の情報で申告してしまうと、審査はもちろん信用度が大幅に下がってしまいます。

今後の融資も左右するため、ここは必ず正確な情報を申告するようにしましょう。

返済実績をつくる

「これまで借り入れを利用したことがない」という人は「スーパーホワイト」と呼ばれています。

「借り入れをしたことがない=信用が高い」と思われるでしょうが、消費者金融によっては「スーパーホワイト」を避けたがる場合があります。

理由としてはこれまでのデータがない分、返済に関する信頼度の判断に困るからです。

そのため事前に少額のキャッシングをして、すぐに返済しておくとその情報は記録されるため、次のメインである借り入れ審査に通過する可能性は高くなります。

ただし「成人になりたての人」や「新卒すぐの人」であれば、スーパーホワイトであってもとくに問題はありません。

消費者金融を利用する際の注意点

消費者金融を利用する際の注意点

お金がピンチなときキャッシングはとても便利なものですが、注意が必要です。

トラブルのないように今から紹介することは、とくに注意しておきましょう。

消費者金融選びは慎重に

消費者金融の中には、正規ではない違法業者が存在しています。

大手消費者金融であれば知名度が高いため問題ないですが、注意したいのが中小消費者金融

中小消費者金融だと思ってきちんと調べずに利用してしまうと、実は違法業者であるという危険も。

正規の消費者金融であれば、金融庁に登録して法に沿って営業していますが、違法業者は無許可で営業しています。

このような違法業者で借り入れしてしまうと、トラブルになる危険性は大いにあります。

次のポイントに注意して、消費者金融を選びましょう

  1. できる限り大手の知名度のある消費者金融を利用する
  2. 公式ホームページや口コミをチェックする
  3. 金融庁の登録業者検索で調べる

他のキャッシング審査などに影響が出ることを理解しておく

一度でも借り入れを利用すると、信用情報機関に記録が残ることは覚えておきましょう。

信用情報機関には、現在のローン利用状況や過去の返済について記録が残されており、返済を長期延滞していたことなども分かってしまいます。

もし債務整理をしたという記録が残っていると、金融機関は信用情報に問題があると判断して審査が通る可能性が低くなることも。

返済トラブルがあると5~10年間記録が残るため、注意しましょう。

計画的な返済をおこなう

計画的な返済をおこなう

よくCMでも「ご利用は計画的に」という言葉を耳にしますが、本当にその通りです。

借りすぎには注意して、無理のない返済計画を立てなければ、気づけば借金だけが残って「自転車操業」状態になることもあります。

返済のために新たな借り入れをすることは、負の連鎖となって借金地獄から抜け出せなくなるので絶対に避けましょう。

前でも紹介したように、返済トラブルがあるとその記録は残ってしまい、今後の生活に支障がでます。

例えば、携帯を契約したくても自分の名義では契約ができないことも。

借り入れを利用する前には、返済計画を立ててから申し込むように心がけましょう。

まとめ

消費者金融の審査は本当に甘いのかと解説しましたが、結果的に正規の消費者金融では「貸金業者」の法に沿って営業しているため、極端に審査が甘いということはありません。

ただ銀行よりも消費者金融の方が、独自の審査基準を設定しているため審査が通りやすく、スピーディーな融資を受けられるということです。

少しでも審査通過の可能性を上げるためにも、今回紹介した審査に通るコツなどを活用してみてください。

目次
閉じる